4000種以上の生き物がヤフオク出品禁止に!

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)

どーも、しんたろーです!

どうやら2022年9月29日(木曜日)からヤフオクガイドラインの改定変更により、絶滅危惧、準絶滅危惧などレッドデータブック・レッドリストに記載されている動植物(生き物)4000種以上がオークションへの出品が禁止になるようです。

かなり多くの動植物がヤフオクに出せなくなります。有名なのはオオクワガタやメダカ、ウナギなどもでしょうね。

またレッドデータブックやレッドリストに掲載されていない普通種であっても特定の地域では希少な生き物などサンショウウオやカエルの卵のように大量出品した場合もダメみたいです。

品種改良メダカは大丈夫?

絶対とは言い切れませんが品種改良されたメダカは出品しても大丈夫(野外で採集したメダカの原種はダメ!)

個人の販売禁止!

絶滅危惧種や準絶滅危惧に指定されている動植物を個人が販売するのは禁止

許可を得たショップ

絶滅危惧種や準絶滅危惧のブリード個体はヤフオクから許可を得られたショップは販売してもいいようです。

飼育は問題ない

4000種以上の動植物がヤフオクでの出品は禁止になりますが、飼育は問題なく出来ます。ただし生き物が減ってくれば飼育出来なくなる生き物が出てくるでしょうね。

ペットは逃がさない

最近では特定外来生物以外にも国内外来種の問題も多くなっており、このままだと都道府県によって飼育出来ない生き物が指定されたりするかもしれません。

現にジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)は他県からの持ち込みや飼育が禁止になっている県もあります。

このように飼いきれないからと野外へ逃がしてしまうと都道府県の条例まで変えてしまい飼育が出来なくなる恐れがあるため、生き物を飼育される方は最後まで責任をもって飼育しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA