キセルガイの飼い方と販売How to keep a snail

Pocket

皆さん、いもーれ!(奄美大島の方言でようこそ!)





どーも、しんたろーです!




今回はカタツムリの仲間で、昔の日本でタバコを吸うために使われていた煙管(キセル)に似ている為、キセルガイと名付けられた。キセルガイの飼い方を簡単にですが紹介してみようと思います。

This time, it is a member of the snail, and it is named Kisel Guy because it resembles a smoke pipe (Kixel) used to smoke cigarettes in Japan in the past. I would like to briefly introduce how to keep Kiselguy.




キセルガイは日本に200種類ほどいるそうですが、種類によっては森林伐採などにより個体数が激減していて、地域によってはキセルガイが採集禁止になっています。キセルガイの寿命は数年から最長で10年ちかく生きるものもいるそうです。(採集しても大丈夫な種類なのか事前に調べた方がいいでしょう。)

It is said that there are about 200 types of selga in Japan, but depending on the type, the number of individuals has decreased sharply due to deforestation, etc., and seliga is prohibited in some regions. It is said that some of the quiel guys live from a few years to a maximum of 10 years. (It is better to check in advance whether it is a kind that can be collected.)


かなりの種類がいるみたいですが、ひっそりと個体数が激減している種類もいるって残念ですよね。(It seems that there are quite a few types, but it’s a pity that some types have a sharp decline in population.)
(ノД`)・゜・。




福島県では栄養価の高いキセルガイを自然栄養補助食品としても利用されているようです。




キセルガイ飼育用品

キセルガイの飼育に必要なものはフタつきの昆虫ケースや衣装ケース、タッパー(小さな穴をあけたもの)など、腐葉土・園芸用の土、段ボール、新聞紙、落ち葉、雑草、枯草、流木、バークチップ、ココヤシチップ、レンガ・コンクリートブロック、霧吹き、サンゴ石や貝殻、エサ(落ち葉、雑草、枯草、野菜、果物、金魚のエサ、卵の殻、サンゴ石など)

What you need for breeding are insect cases with lids, costume cases, tappers (things with small holes), mulch and garden soil, cardboard, newspaper, fallen leaves, weeds, dead grass, driftwood, bark chips, coco chips, Brick/concrete blocks, spray, coral stones and shells, food (fallen leaves, weeds, hay, vegetables, fruits, goldfish food, egg shells, coral stones, etc.)


キセルガイの飼育方法

DSC_0947

キセルガイは脱走しやすいためフタつきの昆虫ケースや衣装ケースなどに腐葉土・園芸用の土を敷き詰め、程度に湿った環境にしてあげるために、落ち葉や雑草、枯草、段ボール、バークチップ、ココヤシチップなどを置いておけば程度に湿度を保ってくれて便利です。

Since it is easy to escape, mortar soil and horticultural soil are spread over insect cases and clothes cases with lids, and leave leaves, weeds, dead grass, cardboard, bark chips, coco chips, etc. to make it a moist environment. It’s convenient because it keeps the humidity around.


比較的に乾燥や高温に強いようですが、そのような環境が長期間続くと自然と姿を消してしまいますので、土が乾いてきたら霧吹きで水分を与え、高温になる夏場は涼しい場所で飼育してあげましょう。

It seems that it is relatively resistant to dryness and high temperature, but it disappears naturally when such an environment continues for a long time, so when the soil becomes dry, give water with a mist spray, and in the summer when the temperature becomes high it is a cool place. Let’s raise them.


夏場は高温多湿となりますので、フタの代わりに網の細かいネットを張ったり、クーラーの効いた室内で飼育すると死亡率を下げてくれます。

Since it gets hot and humid in the summer, if you put a fine net instead of the lid or keep it in a cooler room, you can reduce the mortality.


DSC_0817

キセルガイの餌

キセルガイのエサは基本的には落ち葉や枯草、雑草などで育ちます。また、ニンジンやキュウリ、キャベツ、スイカなどの野菜、バナナなどの果物なども食べますし、亀の餌なども食べます。湿度が高すぎる環境下ではカビやコバエが発生しやすくなるので、落ち葉や雑草、枯草を多く与えるといいでしょう。

Food is basically grown on fallen leaves, dead grass, and weeds. They also eat vegetables such as carrots, cucumbers, cabbage, watermelons, fruits such as bananas, and turtle food. In an environment where the humidity is too high, molds and flies are likely to occur, so it is good to give a lot of fallen leaves, weeds, and dead grass.



カタツムリやナメクジと同じようにカルシウムが必要なため、サンゴ石や牡蠣(カキ)殻、卵の殻などを入れて置くのもいいでしょう。コンクリートブロックも食べますのでそれを入れてもいいでしょう。一部の種類によってはコケや樹皮、キノコなどを食べるキセルガイもいるそうですが、比較的に入手しやすい身近で見られるキセルガイは落ち葉や雑草、枯草、野菜、果物、亀や観賞魚の餌などで大丈夫だと思います。

As with snails and slugs, it needs calcium, so it’s a good idea to put coral stones, oyster shells, and egg shells. I also eat concrete blocks, so you can put them in. Depending on some kinds, it seems that some moss oysters eat moss, bark, mushrooms, etc., but relatively easy-to-see and familiar selga can be used as fallen leaves and weeds, hay, vegetables, fruits, turtles and food for ornamental fish etc. I think.


キセルガイは結構何でも食べてくれます。卵の殻、カニやエビの殻なども食べてくれるのでミミズが処理できない廃棄物でも処理してくれるのでコンポストでも活躍してくれそうです。

You can eat anything. They also eat egg shells, crab shells, and shrimp shells, so they can handle waste that can’t be treated by earthworms, so they’ll be useful in composting.


種類によって食べる物が違うようで、色々な野菜や果物、苔、雑草など与えてみるといいでしょう。また植物由来の観賞魚の餌なども与えてみて、好んで食べる物がいいと思います。

It seems that different kinds of foods are eaten, so it is a good idea to give them various vegetables, fruits, moss, and weeds. Also, give food of ornamental fish of plant origin, and I think that it is preferable to eat it.


温度:35度以下

Temperature: Below 35 degrees


キセルガイの病気

キセルガイの罹りやすい病気は不明です。乾燥や夏場の高温多湿に気をつけ、風通しのいい涼しい場所、室内クーラーの効いた場所で飼育するようにしましょう。

The diseases that are prone to suffer are unknown. Pay attention to dryness and high temperature and humidity in summer, and keep them in a well-ventilated and cool place where the indoor cooler works.


キセルガイの繁殖

キセルガイは雌雄同体で、2から3匹いれば繁殖が可能です。種類にもよりますが身近で見られるキセルガイの繁殖に適した温度は20度から30度で、上手くいけば自然と小さなキセルガイを発見することが出来るでしょう。

It is hermaphroditic and can breed if there are 2 to 3 animals. Although it depends on the type, the temperature that is suitable for breeding the common selga chinensis is 20 to 30 degrees Celsius, and if successful, you will naturally be able to discover small chelates.


多くのキセルガイは卵胎生で稚貝を産み、稚貝も親と同じようなエサで育てる事が出来ます。

You can lay a young shellfish in the uterus and raise the young shellfish with the same food as your parents.


キセルガイの販売

キセルガイの種類にもよりますが、公園や住宅街の木々、コンクリートブロック、山間部などで採集することが出来ます。個体数激減により保護の対象になっているキセルガイもいて、採集した場合は罰せられる可能性もあるため、採集する場合はキセルガイを採集しても大丈夫なのか各都道府県のホームページなどで、お調べください。運営しているドルドルやヤフオクでも販売中です。

Depending on the type, you can collect in trees in parks, residential areas, concrete blocks, mountains, etc. There are some ceremonies that are protected by the sharp decrease in population, and if collected, they may be punished, so if collecting them, is it okay to collect cerella, please check the website of each prefecture, etc. Please give me.



注意
このブログでは簡単に飼育方法を書いているので、必ずしも書かれている内容で長期飼育が出来るとは限りません。他にも参考となるブログやホームページが沢山ありますので、それらも参考にされてからキセルガイの飼育にチャレンジしてみてください。

Note
This blog describes the breeding method easily, so the written contents may not always guarantee long-term breeding. There are many other blogs and homepages that can be used as references, so please try to breed the kissing oyster after referring to them.




逃がさないで!

これから飼育してみたいと思った方もいると思いますが、他の地域の生き物を野外に逃がさないでください。繁殖も難しくないので野外に逃がすと殖えてしまうと思います。熱帯魚や爬虫類・両生類・昆虫などペットとして飼われている生き物が特定外来生物に指定されることが多いですよね。


You may want to keep them, but don’t let the creatures from other areas escape to the outdoors. Breeding is not difficult either, so if you let it escape to the outdoors, you will be able to breed. Living things kept as pets such as tropical fish, reptiles, amphibians, and insects are often designated as specific alien species.


特定外来生物に指定されると飼育したくても出来ない事にもなりますし、絶対に逃がさないように最後までお世話をしてあげてください。もし、飼育出来ない場合は誰かに引き取ってもらうようにしましょう。(オークションやジモティーなどで募集してみましょう。)


If you are designated as a specific alien species, you may not be able to do it even if you want to raise it, so please take care until the end so that you will not let it go. If you can not raise it, ask someone to pick it up.

チャンネル登録よろしくお願いします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


Thank you for reading to the end.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA